Colorado House International

アメリカ医療研修、企業視察のコロラドハウスインターナショナル

Colorado House International

アメリカ医療研修、企業視察のコロラドハウスインターナショナル

Colorado House International, LLC

Broaden Your Horizons - Since 2008 -

Services We Offer

Medical Study Tour/医療研修

2008年創業以来、アジア、特に日本の大学生や専門家のための短期医療研修を企画運営しています。コロラド州内の大学をはじめとする教育機関、各種協会、著名学者など、充実した現地ネットワークを駆使し、クライアントの ニーズに合わせたオーダーメイドの研修をご提案いたします。 医療研修を得意とし、看護、理学療法、作業療法、診療放射線、アスレチックトレーニング、自然科学、ビジネスの分野で年間150名~200名のお客様をご案内しております。特別講義や施設訪問のアレンジ、ロジスティクス、宿泊手配など、あらゆる現地サポートをお任せください。

Entrepreneur Program/社会起業家支援

2015年、国際的な社会起業家を支援するプログラム「Unreasonable Japan Lab」を立ち上げました。コロラド州ボールダーに拠点を置くアンリーズナブルインス ティチュート社(現Unreasonable Group)の日本支局に当たります。ノーベル平和賞のデズモンド・ツツ氏や連続起業家の孫泰蔵氏、元GoogleXのリーダーでありGoogleGlassの生みの親であるトム・チー氏など、世界中から強力なメンター陣を迎え、イベントを実施した実績があります。現在はプログラム名を「Ludus Labs」と改め、2022年よりグローバル教育イノベーション推進機構(IIGE)COIL型教育にVRプログラムを提供、文部科学省「大学の世界展開力強化事業」に参加しています。

International Event/日米国際交流イベント

大学間の国際交流契約調印、姉妹都市交流式典など、オフィシャルなシーンできめ細かなサポートをさせていただきます。現地団体への国際交流アプローチ、ネゴシエーション、調印契約文書作成、翻訳に至るまで、信頼構築から具体的な式典の実現まで、クライアントのニーズに沿った交渉を丁寧に遂行いたします。

About Us

私たちは、未来を創る才能溢れる方々の一助となることで、より良い社会の実現を目指します。

Mission

コロラドハウス・インターナショナル(以下CoHo)はコロラド州ボールダーに拠点を 置くプライベート企業です。未来を創る才能あふれる方々の一助になりたいという思いから、2008年の創業以来、アジア、特に日本の大学生や専門家のための短期海外研修やイベントをアメリカ合衆国コロラド州で企画・運営しています。アメリカならではの合理性と日本ならではのきめ細やかさを武器に、質の良いサービスをお届けします。地球規模の価値共創とイノベーションを通じてより良い社会の実現を目指します。

Advantage

コロラド州内の大学をはじめとする教育機関、各種協会、著名学者など、充実した現地ネットワークを駆使し、クライアントのニーズに合わせたオーダーメイドの研修やイベントを企画・提供させていただきます。医療研修を得意とし、看護、理学療法、作業療法、救急救命、診療放射線、アスレチックトレー ニング、自然科学などの分野で年間150名~200名のお客様をご案内しております。受諾している医療研修の80%は、大学公認 (単位授与)コースとして認められています。仲介業者を挟むこと無く、安全かつ最善のご旅行プランをクライアントお一人お一人に直接お届けいたします。特別講義や施設訪問のアレンジ、ロジスティクス、宿泊手配 など、あらゆる現地サポートをお任せください。

Futhermore

コロラドの雄大な自然を愛し、LOHAS文化発祥の地、アス リートの聖地と呼ばれるこの地に住まう人間として、研修旅行以外にも力を入れている分野があります。アスリートのトレーニング合宿サポートをはじめ、カラダとココロと地球に優しいライフスタイルを模索する方々、それを尊重する商品を扱う企業様のサポートをライフワークにしています。2022年より、文部科学省の「大学の世界展開力強化事業」に参加し、VRプログラムを提供しています。今後もさらなる価値共創を促進して参ります。

Our Team

Tomoko Yabuki

CEO

神奈川県生まれ。東洋英和女学院大学社会科学部卒業。不動産、経営コンサルタント事務所勤務を経て、結婚を機に渡米、コロラド州ボールダーに移住する。2008年、ボールダーでコロラドハウスインターナショナル社を起業、仲介業者を通さずクライアントの利益を最優先に口コミで事業を拡大。日本の未来を創る方々へ現地サポートを提供することに情熱を持っている。各種媒体でのコラム執筆を通じてアメリカのトレンドを発信する。

Dr. Yuki Asakura, PhD, RN, ACHPN, ACN-BC, OCN

Board Advisor

緩和ケア高度実践看護師、ナースサイエンティスト。日本赤十字看護大学にて学士号取得後、渡米。2005年に、コロラド大学看護学部にて修士号取得。コロラド大学病院がん・骨髄移植病棟にて看護師として勤務しながら、同大学看護学部博士課程を修める。現在はアドベントヘルス・パーカーで高度実践看護師として緩和ケアプログラムを擁立。アメリカがん看護学会デンバー支部にて研究委員長を務める。コロラド大学臨床教員。

Dr. Ashley Maciulaitis, DPT

Board Advisor

理学療法実践博士。オハイオ州ウースター大学にて心理学を学び、同大学では女子サッカー部の選抜メンバーとして活躍。部活動で膝を損傷し、理学療法士を志す。大学卒業後、政府派遣の英語教師として徳島で3年間を過ごした後、帰国。コロラド大学大学院にて理学療法の実践博士号であるDPTを修める。現在はヘルスメディカルセンターに勤務、臨床と教育の両方に貢献している。

Samuel D. Goodman

Managing Director

コロラド州生まれ。コロラド大学心理学部卒業後、約5年間シンガポールと日本の公立及び私立の小中高校、各種企業・政府機関で英語を教える。帰国後、コロラド州ボールダーで妻知子と起業、現在に至る。アンリーズナブルインスティチュート社日本ラボでは代表として、社会起業家のためのハイパーアクセラレータープログラムを手がけた。2022年より文部科学省「大学の世界展開力強化事業」に参加、日本の教育機関と共同でVRプログラムを開発、実施しています。

Sarah Addy

Program Manager

コロラド州デンバー在住。写真家として活動し、熱心なCrossFitトレーナーでもあります。空軍所属の父親の影響から、日本を含む世界中の多くの国で生活する機会がありました。沖縄の高校に通ったことがあり、日本をとても愛し、コロラド大学コミュニケーション学部を卒業してからは英語講師として活動しました。日本のことをいつも第二の故郷のように感じています。

Tomoko Otsuka

Client Relations

福岡県出身。大学で地域経済を学んだのち、ソフトバンクグループで人事・検証エンジニアとして7年間勤務。その後、社会課題解決を目指すスタートアップを支援するMistletoe株式会社で創業支援事業に4年半携わる。個人の活動として、地域コミュニティ・教育・キャリア形成に関するプロジェクトに多数参画。

TOP